Let’s ヒラマサ!初めてのヒラマサ釣り②(ジギングに必要なタックル)

船でのヒラマサ釣りでは、ジギングが主流です。ですから、まずはジギングタックルを揃えましょう。
初心者の方はタックルの扱いに慣れていないため、高価なタックルを始めから揃えると、思わぬ出費になり得ません。始めは比較的安価なタックルで、慣れてきたら、高価なタックルを選ぶのもいいでしょう。

 

ロッド(竿)

ジギングロッド

  • 6フィート前後のジギングロッド
  • ジグの重さが100g〜200gを使うので、その荷重に耐えうるもの

 

リール

リール
最大ドラグ力が10kg以上のもので、PEライン3号が300m程度巻けるものを選ぶと良いでしょう。

  • ダイワなら4500番〜5000番くらい
  • シマノなら6000番〜8000番くらい

 

ライン(道糸)

PEライン

  • 通常、PE3号〜4号を使用します。
  • 10mごとに色が付いているラインが使いやすいです。

 

リーダー

リーダー

  • 通常、フロロカーボンの10号〜14号を使用します。
  • ラインより少し引張強度が高いものが良いです。

 
松鶴丸には船長を含め、ベテランの方が多くいらっしゃいます。
あいさつも含め、まわりの方とコミュニケーションを取りながら釣りをすると色々な情報を教えてもらえますし、トラブル時にも助けていただけます。
初心者であることを恥ずかしがらず、積極的にコミュニケーションをとって、ヒラマサ釣りを楽しんでくださいね。

次回は「メタルジグ・ルアーの選び方」についてご説明いたします。
ご期待ください!



PAGETOP