Let’s ヒラマサ!初めてのヒラマサ釣り⑤(根掛かり回避)

kht0026-024

ジギングの宿命とも言える「根掛かり」

根掛かりでジグを持っていかれると、仕掛けを作り直す必要があるわ、高いジグはパーだわ、嘆かわしいことだらけです。
高切れなんかしたらラインシステムの作り直し・・・考えただけでゲッソリです^^;

そんな根掛かりもちょっとしたコツででかなり回避することができます。
「根掛かり撲滅」とまで言わないまでも「根掛かりを少なくしよう」というわけで、今回のレッツヒラマサ、いってみましょう!

①【ジグの着底をしっかりと見極める】
ジギングは底取りが命です。
ただ一口に底取といっても潮が早く軽いジグだとなかなかわからないものです。
だから潮が早いときはなるべく重いジグを使って下さい。
重いジグなら潮に流されすぎず、底取りがしやすいです。
ジグを流したいからとはいえ、軽いジグを使っているとお祭りや根掛かりの原因になります。
ジグの重さ選択はジギングの肝です!

②【ジグが着底したらジグをすぐに跳ね上げる】
着底を感じ取ったらすぐにスプールを戻し、竿を跳ね上げましょう。
で、2,3回巻き上げます。
そこからワンピッチジャークを始めるようにしましょう。
根掛かりしない快適ジギングを楽しめます。

上記2点を知っておくだけで、かなりの根掛かりを回避することができます。
要は「根掛かりはジグが着底して海底を這ってしまう」から起きるんです。
それをイメージして根掛かりしない快適なジギングを楽しんで下さいね(^^)

(番外)もし根掛かりしてしまったら…
スプールをしっかり持って固定し、ゆっくり引き上げて下さい。
これで、根掛かりが海藻ならだいたい取れます。
潮の早いときは、ラインを船底にこすり傷つけることもありますので、急いで引き上げましょう。

これで貴方も根がかり回避の達人です(^^)



PAGETOP