Let’s ヒラマサ!初めてのヒラマサ釣り③(ジグとフック)

ロングジグ

ジギングにおいて、ロッドやリールにこだわる前に、まず考えてほしいものはジグとフックです。
第一回のLet’sヒラマサでも簡単に説明しましたが、今回はこのジグとフックの選び方についてご説明致します。

ジグの選び方

【重さ】

ジグはまず、「重さ」を検討してみてください。
おおまかに言えば、細長い100g〜200gのジグを使用しますが、この範囲で使用する重さは潮の流れの速さが主な決定要因になります。
潮の流れがなければ軽いもの、潮の流れが早いようなら重いものを使用します。
正直なところ、初心者の方に潮の流れを読んでくださいね、と言っても無理な話です。
ここは、まわりのベテランさんや船長に、素直に何グラムくらいのジグを使うのが良いか聞いてみましょう。
潮の流れが早いのに一人だけ軽いジグを使っているとお祭りの原因になりかねません。
ジギングを楽しむうえで、ジグの重さ選びはトラブルをできるだけ避けるためにも重要なことです。

【色】

あと、ジグの選び方といえば、「色」があります。
これは、絶対的な選択肢があるわけではありません。
明け方の暗い時間は、明るい色がアピールが高く、日が昇ってきたら自然色のジグが良いかもしれません。
ただ、ジグの色によってどれくらい釣果に差がでるかは日によってまちまちです。
重さほどはナイーブになる必要はないかもしれませんね。

 

フック(鉤)

DSC_0017

DSC_0018

【フックの位置】

一般的にはジグのフロントにフックを取り付けます。
ジグのリアにフックをつけると根掛かりしやすくなりますので。
初心者の方はフロントにフックを付ければ十分です。

【サイズ(号数)】

フックのサイズは、実はメーカーによって結構違ったりします。
大抵は#1/0〜#3/0を選ぶのが無難なところです。
当たり前ですが、「大物しか狙わない!」という方は大きめのサイズを選べばいいわけで、「数釣りを楽しみたい」方は小さめのフックを選べば良いでしょう。

【シングルフックとダブルフック】

この選択はとても難しいところです。
ただ、ダブルフックのほうが根掛かりが多く、フッキングの貫通力が分散されるので初心者には扱いにくいかもしれません。
根掛かりでジグを無くして、お金も時間もなくすのが嫌だと思う方はシングルフックが無難でしょう。

【フックの向き】

内向きが良いと言う方、外向きが良いと言う方、やはり色々いらっしゃいます。
強いていえば、内向きの方が魚の吸い込みは良いようです。
ただ、外向きの方が鉤掛かりは良いようにも思えます。
どちらが良いか、一概に言えないところです。

 

ジグとフックの結節

ジグとフックの結節方法は、これまた人それぞれです。
ただ、一般的に「シンプルなのが一番!」と言われています。
リーダー > プレス(ソリッド)リング > スプリットリング > ジグとフック

DSC_0020

これが一般的でしょうか。
他にスイベルを挟んだりするなど色々な取り付け方が考えられます。
要は、できるだけ強度の弱い部分を作らないようにすることが大切ということです。
また、スイベルを挟むとジグの動きが抑制されてしまうのであまり好ましくないと言う方もいます。
はじめはとにかくシンプルな結節方法を選びましょう。

 

おまけ

DSC_0019

スプリットリングを爪で開こうとすると一発で深爪になります。
スプリットリング用のプライヤーなどを用意することをオススメします。
船上でのジグの交換も非常に楽になります。            



PAGETOP